FC2ブログ

追悼会場と新設公園

 少数ながらちょっと違ったご意見を聞けて、すこし考えさせられるところのあった庵ちゃんが向ったのは御馴染み東遊園地の追悼会場である。? テレビなどでも、朝早くからこの会場が映っていますね。

 今年はメッチャ寒かったので会場の端のほうにこんなものがお目見えしましたよ。?a

          IMG_1238
            雪像 posted by (C)瑞陽庵

 年に10日も雪の白いのを見られるかどうかというところに、誰が飾ってくださったのか、お花まで・・ 皆さん写真を撮りながら手を合わしておられました。? 15年で初お目見えでした。

IMG_1245 IMG_1243

 夜景になると?美しく1.17の文字が浮かび、すぐ横の市役所の24階からならお昼でも全容が見られます。 右の画像の竹筒の切り口がカラフルなところに庵ちゃんのロウソクを浮かべました。OK たくさん思いのこもった灯りは優しくゆらめいていますね。

IMG_1247 IMG_1248

 記帳をすると白菊の首から上が渡され、それをモニュメントの池にそっと浮かべます。 既にたくさんの花が浮かんでいますね。 池の横では、笙や横笛が厳かに演奏されていました。 これも初におめにかかりました。 凄く心が改まります。OK??
 時間によってお花のプレゼントがありました。 ちょうど雪像の画像にも見えている花束です。 庵ちゃんもいただいて帰りましたよ。 玄関に飾ってあります。

 そして15年目に市立震災記念公園が誕生しました。 13時30分にテープカット?があったそうですが、その頃庵ちゃんはお父さんの話を聞いていましたねぇ・・
 この新公園、元は貨物の神戸港駅のあった場所なんですが、それを知っている人がどのくらいいるか・・a  かなり東西に広くゆったりした公園に仕上がりました。 遊具などは殆どなく、災害時の非難場所として使えるよう工夫してあります。 だから水飲み場やトイレは他の公園よりなかなかいいものができています。 実際見た目は走るためのトラックがあるだけにしか見えません。 ここにできるだけお世話にならないようにしたいものです。

IMG_1260 IMG_1264

 テープカットのテープで公園の開設記念品を作っています。 男の子もお父さんと一緒に作りました。 記念に名前やコメントを入れられるような台紙に貼られます。
 そして、小高い丘状になったところに、たくさんのあの黄色い花が咲いていました。 見ると、コメントの書いていない黄色い花や学生さんやテープカットに来られた方々のコメントなどがみられました。 ここまでいっぱいあると壮観ですにゃぁ・・OK??

 ということで、今年は3時間のうちに4箇所廻る超多忙な追悼の日となりましたが、中身の濃い15年の節目1.17を体験いたしました。OK
 皆様方には、このようなつらい目に遭わないことを願うばかりでございます。OK
 長文ですみません。 最後までありがとうございました。 瑞陽庵拝 ?? ХХХХХХ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村


TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1月17日に想う

 こんばんは。

 15年目の1月17日、それぞれの人がいろんな思い出過ごされたのでしょうね。

 もう、二度と、こんな地震は起こらないでほしいって思いますよね。

 

 

Re:追悼会場と新設公園(01/20)

久しぶりに(2006年・三方以来かな?)庵ちゃんの元気な顔と合えることができました。

1.17・・神戸の人たちの思いをずしりと感じて帰って来ました。街並みは美しく整備されていましたが、語り部の話にもあるように、心の傷はいつまでも消えない・亡くなってしまった大事な人たちへの思いは忘れられないのでしょう。

宿のテレビで震災特番を見て神戸の街を歩いてきました。市役所で開催されていた「大震災記録資料展」の生々しい写真も観て来ました。

・・・たった1秒の予知ができない人間の限界・・東遊園地でも考えさせられました。

Re:追悼会場と新設公園(01/20)

震災祈念は大事ですね。

今後は全国的もいいかな。

Re:追悼会場と新設公園(01/20)

15年経ちましたが、あの時のニュースを思い出します。2度と起きて欲しくないですが、起きても最小限の被害に止めることが必要ですね。予測できないだけに常に心がけたい物です。

Re:追悼会場と新設公園(01/20)

大震災のあの日から15年、でも決して忘れてはいけないこの日。あちこちの追悼会場においでになったそうですが、どこでも多くの人たちが追悼のときを過ごされていたのでしょう。



震災記念公園が公園とともに避難場所として役割を持たせたそうですが、さすがですね。

いつ、どこで起こるかはわからない地震です、神戸の多くの方の犠牲からたくさん与えられた教訓は、貴重なものとして活かされているはずです。

Re:1月17日に想う(01/20)

OL仲間さん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



> こんばんは。

> 15年目の1月17日、それぞれの人がいろんな思い出過ごされたのでしょうね。

> もう、二度と、こんな地震は起こらないでほしいって思いますよね。



 今現実に起こっているハイチ等、治安の悪さからどう活動していいのかわかりませんよね。

 そんなところに2度も地震が来たら・・

 どこにも誰にも味わって欲しくないですね。

Re[1]:追悼会場と新設公園(01/20)

いっちゃんさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>久しぶりに(2006年・三方以来かな?)庵ちゃんの元気な顔と合えることができました。

>1.17・・神戸の人たちの思いをずしりと感じて帰って来ました。街並みは美しく整備されていましたが、語り部の話にもあるように、心の傷はいつまでも消えない・亡くなってしまった大事な人たちへの思いは忘れられないのでしょう。

>宿のテレビで震災特番を見て神戸の街を歩いてきました。市役所で開催されていた「大震災記録資料展」の生々しい写真も観て来ました。

>・・・たった1秒の予知ができない人間の限界・・東遊園地でも考えさせられました。



 あー・・ そんなになりますかねぇ・・

 ここ2年は自分の行きたいところ(東海道)に自分の行ける時に行ってます。 極貧ゆえ・・



 とんぼさんとあれからどこへ行かれたのでしょうか?

 またぜひ兵庫県の方に来られるときは、連絡くださいね。

 そして、たまにおもしろそうなネタがあったらどんどんコメントくださいませ。 

Re[1]:追悼会場と新設公園(01/20)

とらなかさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>震災祈念は大事ですね。

>今後は全国的もいいかな。



 やはり「助けていただいた」という経験を持ったところは、追悼式も長く続くし、「やらなければ」と思う気持ちも強いのかなと思います。

 全国区で開催することもいいことかもしれませんが、やはりどこかズレがあると思います。

Re[1]:追悼会場と新設公園(01/20)

登歩十歩さん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>15年経ちましたが、あの時のニュースを思い出します。2度と起きて欲しくないですが、起きても最小限の被害に止めることが必要ですね。予測できないだけに常に心がけたい物です。



 まずは自分の命が大事です。 どのくらいの大きさ(震度)で家が倒れるなんてわかりませんからねぇ・・

 実際新築で震災の半年前に建てた家が全壊して、となりの古い家が残ったと言うような話もありますからね。

 誰にも被害に遭ってほしくないと思います。

Re[1]:追悼会場と新設公園(01/20)

せつほさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>大震災のあの日から15年、でも決して忘れてはいけないこの日。あちこちの追悼会場においでになったそうですが、どこでも多くの人たちが追悼のときを過ごされていたのでしょう。



>震災記念公園が公園とともに避難場所として役割を持たせたそうですが、さすがですね。

>いつ、どこで起こるかはわからない地震です、神戸の多くの方の犠牲からたくさん与えられた教訓は、貴重なものとして活かされているはずです。



 朝早く追悼会場に行くと、やはり胸の詰まる場面に出会うことがあります。 15年経とうが悲しみは同じなんだなぁと感じる瞬間がありました。

 震災記念公園は、ほんとにだだっ広くて何もないのですが、場所が阪神高速やポートライナーの通り道で複雑に交差したりして、眺めのおもしろい部分もあります。

 こういうのが好きな人には、何気に楽しいところかもしれません。

Re[2]:追悼会場と新設公園(01/20)

瑞陽庵さん

> とんぼさんとあれからどこへ行かれたのでしょうか?

> またぜひ兵庫県の方に来られるときは、連絡くださいね。

> そして、たまにおもしろそうなネタがあったらどんどんコメントくださいませ。 

- - - - -

庵ちゃんありがとう・・あの後、東遊園地から元町・南京町からメリケン波止場へ行く途中に慰霊祭に参列された皇太子殿下の車列と出会いました。夜は再度東遊園地に・・。翌日は震災記念公園から市役所の「大震災記録資料展」、生田神社・北野散策から新幹線待ちの時間に布引ハイキングコースを布引五本松堰堤まで、東京でピープルパープルの『ORANGE』を観て神戸の震災の跡、復興の様子、そして神戸観光と充実した3日間でした。

詳しくは画像掲示板「与三郎写真館」、MyHomePage「いっちゃん&与三郎のBlowin' in the Wind」に掲載してあります。

プロフィール

瑞陽庵

Author:瑞陽庵
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア