FC2ブログ

にっぽんご

 ФФさて、庵ちゃんのカテゴリーに『昔話(笑編)』というのがありますが、たった1度使ったきりですから、メッチャ久しぶりにご披露いたしましょう。

 あれは・・四半世紀ほど前のことでしょうか・・ (かなり古い)
 庵タロさんの職場と同じ然る省庁の1室での出来事でした。
 その人は、庵ちゃんより1つ年下ですが、いわゆる「キャリア」に近い組の人で、お名前を国○さんと言ったにゃぁ・・ そして、みんなの間では「国ちゃん」と呼ばれていました。 で、出身地は北海道札幌の人で、学校も北大出身者でした。 若いうちから将来を約束された人でしたが、新規採用で関西が振り出しになったのです。

 とある冬の日、本省(東京)からお客さんがきました。 国ちゃんは案内や担当の係りになっていたので忙しく席にはいませんでした。
 そこへ3時くらいのティータイム(庵タロ談:今はそんなタイムはない!)、女性職員とみかんを不在の国ちゃんの席に座って食べていると・・

 あ、先に皆様にお伺いしましょう。 普通のオレンジ色の「みかん」と呼ばれるものを食されるとき、アナタは中のみかんの部分だけを食べる派ですか? それともこちらでは「ふく」といいますが、みかんを覆っている薄皮も一緒に食べる派ですか?
 庵ちゃんは、庵ママが紀州の人ですから、ふくごと食べる派です。 なのでみかんを食べても残るのはオレンジ色の皮だけが残るのです。

 食べている最中にお客さんを連れて戻ってきた国ちゃん。 あ、席を空けねばいけませんね。
 お客さんをお連れしているのだから、応接ソファーに座るものとばかり誰しもおもっていたのですが・・ 自分のところへ帰って来るようなので、席を空ける準備にみかんの皮を掴むと・・
 国ちゃん:「○○さん、みかんの皮をなげてくださいね。」 お客さん&庵:「へっ???」 国ちゃん:「ちゃんとなげてくださいね。」 庵:「投げるの?」 国ちゃん「早くなげてよ!」 庵:「ホンマに投げてもいいの? 絶対? 怒らへん?」 国ちゃん:「なんで怒るの?いいから早く!」 庵:(他の職員さんに向って)「いま投げろ!って言ったよな・・、投げていいんやろか?」 みんな怪しげな顔で「???」?2人を交互に見ていると、「早くなげてよ!」と再三促す国ちゃんに、お客さんも『この人(庵ちゃん)はホントにみかんの皮を投げる』と悟ったのか後ずさりをはじめ、最後の国ちゃんの言葉が「ちゃんとなげてね」だったので、庵:「じゃぁちゃんと投げるで!ハイ!」と届くように下から投げると・・
 国ちゃん:「なにするの!!」?a? 庵:「国○さん、ちゃんと投げてって言うたやん! ちゃんと投げたんですけど!」 国ちゃん:「なげるってゴミ箱になげることなんだよ」 庵:「はぁ??」? と、国ちゃんは投げつけられたみかんの皮を拾いながら文句を・・(当然ですが)

 お客さん、後ずさりして正解でした!OK なげるという言葉は、北海道では捨てるというふうに使われることがあるのですね。 ではイントネーションでも違うのかと、お客さんが帰った後聞いてみると・・ 「捨てる=なげる」も「投げる」もまったく同じで臨機応変TPOに合わせて使い分けるようです。?a

 そこで関西弁講座(ソウデンガナ・チャイマンガナ)♪ それは関西ではゴミ箱に「なげる」NGではなくて、「捨てる」または「ほかす」OKと言うのだとご教示すると、いきなりガハハФと笑われ、「ほ〜か〜す!」 ヘンな言葉だと、かなり長時間国ちゃんにだけウケていました。(おかしい?)
 他の職員さんに「ほかすって言うやんなぁ!」 その他「言う!言う!」とみんなに相槌を打たれると、さすがの国ちゃんも翌日からぎこちなく「ほかしてね」になっていました。?Ф

 お客さんにお怪我や服が汚れることがなくてよかったと今更ながら思います。
 今、国ちゃんは本省のえらいさんになって活躍中と噂では聞いておりますが、そろそろ肩たたきの年齢かも・・

 この人にまつわる笑い話はたくさんあります。 えらいさんになっても庵ちゃんの中では、雄大な北海道育ち丸出しの国ちゃんは国○さんではなくて、国ちゃんなのです。 今会っても笑い話がいっぱいできると思います。 ?Ф? ХХХХХХ 




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:にっぽんご(05/24)

面白い昔話でした。(拍手)

でも、その国ちゃん、きょとんとして何度も確かめている皆さんを見て、言い方を変えなくちゃ!と思わなかったのかしらね。(まじめな感想!)



その投げる=捨てる



我が出身秋田でも使います。

りえばぁもここでは捨てて!と言いますが、秋田弁で話すときは、「なげれ!」というのがぴったりきますね。

使用例=「いらねがら、なげでくれ!」(要らないから捨てて下さい)ですね。

Re:にっぽんご(05/24)

笑えました!(^O^)

何だかお笑いのネタになりそう!

お国が違えば言葉も違うものね〜。

会話していて「えっ?」ってことありますよね。

まだ笑い話ありそうですね!

聞きたいな〜。(^^)

Re:にっぽんご(05/24)

この言葉の違いは聞いたことがあります。

あまり他の地方出身の方とかかわる機会があまりないので実際に体験したことはないですけど〜



みかんの食べ方ですが、薄皮がやわらかい時は食べますが口に残る感じの時は食べません。

紀州のみかんは食べやすいですね♪

Re:にっぽんご(05/24)

千葉だと方言・・・。

思いつかんな・・・。

Re:にっぽんご(05/24)

僕も、北海道出身の人がそう言っていたので、初めはびっくりしました。

笑える話でうらやましいです。

僕が、入社した職場は、鎌倉なのに、ほとんどの人が

関西圏の出身でした。

もう30年も前なので、具体的な言葉は忘れましたが、

完全に、指示されたことと、違うことをして、

散々に叱られました。

職場の中では、標準語は通らず、多勢に無勢、でした。

今では、6年間も大阪に暮らしてましたから、

何が分からなかったのかすら、覚えていません。

Re:にっぽんご(05/24)

投げると、ほかす、どちらも関東人には分かりません。(笑)



ミカンは子供の頃は中身だけを食べていましたが、結婚してから、薄い袋も食べるようになりました。何故か連れ合いの実家では袋毎食べており、私は、ゴミ箱の其処が濡れる事を考慮して、食べ方を変更しました。

Re[1]:にっぽんご(05/24)

リエさん0037さん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>面白い昔話でした。(拍手)

>でも、その国ちゃん、きょとんとして何度も確かめている皆さんを見て、言い方を変えなくちゃ!と思わなかったのかしらね。(まじめな感想!)



>その投げる=捨てる



>我が出身秋田でも使います。

>りえばぁもここでは捨てて!と言いますが、秋田弁で話すときは、「なげれ!」というのがぴったりきますね。

>使用例=「いらねがら、なげでくれ!」(要らないから捨てて下さい)ですね。



 お客さんもいたし、慌てると余計に方言って出るのかもしれませんね。

 東北の方も「なげる=捨てる」というのですね。



 国ちゃんは、いわゆるキャリア組みですから、そういったお役所関係のことはそれは鋭い感性を持って仕事されていましたが、ほかの事はからっきしダメ男くんでしたねぇ・・ 今では凄い出世してるはずですが・・

Re[1]:にっぽんご(05/24)

イオさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>笑えました!(^O^)

>何だかお笑いのネタになりそう!

>お国が違えば言葉も違うものね〜。

>会話していて「えっ?」ってことありますよね。

>まだ笑い話ありそうですね!

>聞きたいな〜。(^^)



 別の場でご活躍たいへん喜んでおります。

 たまにはシンバ王子の元気な姿も見せてね。



 国ちゃんは、お仕事はしっかりですが、そのほかのことはダメ男さんですから、笑い話はいっぱいありますよ。 また機会があれば書きたいです。

Re[1]:にっぽんご(05/24)

Tokoの夢さん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>この言葉の違いは聞いたことがあります。

>あまり他の地方出身の方とかかわる機会があまりないので実際に体験したことはないですけど〜



>みかんの食べ方ですが、薄皮がやわらかい時は食べますが口に残る感じの時は食べません。

>紀州のみかんは食べやすいですね♪



 普通のオレンジ色の皮のみかんなら薄皮ごと食べちゃいます。 田舎から送って来るみかんは、年末の分は当たり! 年を越すとちょっと固くなっているのでふくごと食べるのは要注意です。



 国公さんは、いろんなところから集まってきますから、ホントに新規採用者はおもしろいですよ。

 そこから関西弁に染まっていく過程も楽しめます。(それは関西人の楽しみですがね)

Re[1]:にっぽんご(05/24)

とらなかさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>千葉だと方言・・・。

>思いつかんな・・・。



 千葉でも訛ってるにゃぁって思うことがありますよ。

 ウォークなどでいろいろ行くと、館山のあたりの人と成田あたりの人ではなんとなく違う感じがしますよ。

Re[1]:にっぽんご(05/24)

横浜のおにいちゃんさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>僕も、北海道出身の人がそう言っていたので、初めはびっくりしました。

>笑える話でうらやましいです。

>僕が、入社した職場は、鎌倉なのに、ほとんどの人が

>関西圏の出身でした。

>もう30年も前なので、具体的な言葉は忘れましたが、

>完全に、指示されたことと、違うことをして、

>散々に叱られました。

>職場の中では、標準語は通らず、多勢に無勢、でした。

>今では、6年間も大阪に暮らしてましたから、

>何が分からなかったのかすら、覚えていません。



 郷に入れば郷に従えですよね・・

 焦ったり慌てたりすると余計に方言って出るんですよね。



 鎌倉なのに関西人が多かった・・

 私など、関西弁がきついといわれますが、東京の人の早口の方がもっと聞き逃すことが多いのですけどね。

 どちらにしても、いい仕事にはなりませんね。

Re[1]:にっぽんご(05/24)

落田楽多さん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>投げると、ほかす、どちらも関東人には分かりません。(笑)



>ミカンは子供の頃は中身だけを食べていましたが、結婚してから、薄い袋も食べるようになりました。何故か連れ合いの実家では袋毎食べており、私は、ゴミ箱の其処が濡れる事を考慮して、食べ方を変更しました。



 みかんが柔らかければふくごと食べたらゴミにもならないしいいかもしれませんね。



 ほかすは京都でもどうだろう・・ 言わないかもしれません。

 昔の言葉はすべて京都が発信地であったように、捨てるの最新の言葉がほかすだったとしたら、国ちゃんの住んでいた北海道まではなかなか届かなかったかもしれませんね。

 なげるのTPOを勉強させてもらえたことを唯一国ちゃんから教わった「雑学」として覚えています。

プロフィール

瑞陽庵

Author:瑞陽庵
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア