FC2ブログ

第11回早春薄墨桜浪漫ウォーク2

 さて2日目は、いかに早く帰宅するか・・ そればかりを考えて歩くわけですが、この不便な第三セクター樽見鉄道の終点から9時スタート12kを歩きます。

 9時のスタートに間に合わせるために大垣発樽見行きって・・ ナント7時17分発の3両列車が唯一間に合う電車です。
 ・・と言うことは、出発時刻ギリギリで乗ったら昨日の帰りのように超満員かも・・ やはり考えることは皆さん同じで、7時ごろには続々と駅に集合。 そうなるとキップ売り場が大混雑。 ズラリ列を作っていました。 約1時間揺られ、樽見駅到着です。

 今日は23kも12kも同時刻スタートです。 メイン画像は解りにくいですが(ピントが1番手前のおじさんに合っているため)23kのスターターさんを撮っています。 マラソンみたいにピストルで「バン!」って始まるのです。 こんなのなかなか関西では見られません。 思わず走ってしまいそうです。

 今日は薄墨公園からさらに奥へ行くコースを選択しました。 ・・山道登りがあるとは知らずに・・
 出発前に帰りの電車の時間を見ると・・ 11時58分は1両、その次は13時20分は3両・・ 12kだから意地でも11時58分に乗りたい庵ちゃん。

 まずは薄墨桜を正面から撮ってみました。 勿論咲いていませんよ。

今日の薄墨桜

 薄墨公園を横切ると、さっそく山道につき物の足幅の合わない地道の階段です。 1番キライなパターンやにゃぁ・・ 「登ったら降りる」が山の宿命です。 アスファルトの道に出てきました。
 しばらく歩いて行くと、道の両側に杉木立が・・ 昨日もそんなところをたくさん歩いてきましたが、この時期花粉症に悩むウォーカーさんもたくさんおられます。
 ちょくちょく下を向いて歩いていると、目立たないところに「ふきのとう」が芽吹いています。 ウォーカーの中には、これを採ってお持ち帰りする輩もいます。
杉木立 ふきのとう
 サングラスみたいな眼鏡をかけたおじさんや、マスクをかけてウォークするおばさん、結局はそのサングラスもマスクも役に立っているのかどうか・・

 ちょっと道が開けてきました。 すると美しい雪山が見えてきました。 「能郷白山(のうきょうはくさん)」という1600m級の山だそうです。 まるで♪私のお家はスイスランドよ〜♪という雰囲気ですね。

能郷白山

 見どころとしては、後半からスサノオ神社と薄墨温泉があります。 ゆっくりは見ていられませんが、コースどおりショートカットせずにちゃんと歩く「良い子の庵ちゃん」。 途中昨日一緒に歩いたのりちゃんと出会ったり、関西から来ている歩友とも顔を合わすことになるが、12時前の電車が気になる。 出発はこの山道コースが1番遅く、9時15分過ぎに出たので山道ということもあり、5.7k/h位で歩いていることになる。 今年初の遠征ウォークがスピード勝負になるなんて・・
 おかげさまで、11時22分にゴール。 昨日60kを歩いているおじさん達のスピードに乗って早く着きました。

 大垣まで戻ってきましたが、ダイヤ改正で米原行きの電車への接続時間に余裕が少なくなっていました。 1つ(約30分)遅らせて、お土産&荷物を取りに駅の外に出ましたが、その30分の過ぎ去るのの早かったこと・・

 花粉症持ちのウォーカーさんには厳しい条件下、皆さんよく歩きました。 庵ちゃんも目がクシュクシュしてましたから・・
 尻切れトンボのように肝心の見どころの画像がないのは残念です。
 では明日は、号外編をお届けします。




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:第11回早春薄墨桜浪漫ウォーク2(03/18)

風光明媚なところのようですね。電車の本数が少ないのは致し方ないのでしょうが、帰宅時間を考えると、そうも行きませんね。花粉、凄かったようですね。例年は、私もこの季節に、40km(1日)歩いていました。花粉症の人間には辛いウオークです!。

Re[1]:第11回早春薄墨桜浪漫ウォーク2(03/18)

落田楽多さん、おはようございます。 返事がメッチャ遅れてすみません。

 今回、りあちゃんチのmacからです。



>風光明媚なところのようですね。電車の本数が少ないのは致し方ないのでしょうが、帰宅時間を考えると、そうも行きませんね。花粉、凄かったようですね。例年は、私もこの季節に、40km(1日)歩いていました。花粉症の人間には辛いウオークです!。



 そうなんですよ、スギ花粉がまさに「今飛んでる!」というのがよくわかりました。

 マスクもサングラスもこうなったら意味を持ちません。

 帰りの電車の中は、くしゃみとハンカチがそこらじゅうで大活躍でした。

 1つ乗り遅れると約2時間待ちの不便なところだからこそ、こんな立派な桜が咲くのでしょうね。

プロフィール

瑞陽庵

Author:瑞陽庵
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア