FC2ブログ

本が私のレベルまで

 ?今日はお仕事が早く終われる日なので?、フフフ・・ 頼まれていた買い物&「たこ焼き」を食して帰りました。

 この画像が興味のない人には実につまらない本『吾妻鏡』ですが、いやいやなかなか画期的でしたねぇ・・aa
 鎌倉時代と呼ばれる辺り、源頼朝〜北条・・ いいですにゃぁ・・
 『頼朝』ったって、あのまばたきの少ない歌舞伎町のホストではありません!NG

 ・・失礼しました。 ・・本が私のレベルまで格調は残しつつ、わかりやすい現代語訳で発刊されました。 ただ、現代語訳されているからか、?付記や注釈などが後ろの方に、た〜んと掲載されています。????
 読んで頂けるなら、しっかり理解してほしいという作者の強い願いもあるのでしょう・・ (そこはくみ取れる)
 ということで、読んでる間も本文と注釈&付記を行ったり来たりして、しっかりゴックンと飲み込むまで読んでいたので時間もかかりました。?Ф

 帯を見ると全16巻ですね。 承久の乱(昇給の欄と変換したぞ!?)と宝治合戦が盛り上がるのですが、かなり後になりそうです。

 学生時代には、メッチャお値段の高い『吾妻鏡』を買いましたが、読むのに苦労いたしました。?

吾妻鏡(古)

 ??折りしも今年は、かの『源氏物語』が、宮廷などで読まれて千年の節目に当たっています。 今年は宇治の平等院もブームだとか・・ 今年は京都に行かねばにゃぁ・・aa

 あ、彼の美男『光源氏の源氏物語』『源頼朝から始まる吾妻鏡』とまったく関連はございませんのでご注意ください。(わかっとるって?)

 飽き足りず 同じ鏡を オトナ買い  8686にほんブログ村バナー.gif




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:本が私のレベルまで(01/09)

庵さん、こんばんは。



昨日書込みをしたあと、そうだ庵さんは源平合戦に興味があったから、もしかしたら『吾妻鏡』かな、と思い直しましたが、やっぱりこちらでしたか。



ついに現代語訳の『吾妻鏡』まで登場したとは、驚きですね。

編者の五味先生には、大学院時代に教わりました(まだ髪の毛が黒々としていました)。



これで国史大系版『吾妻鏡』(中世史の基本史料!)・『全訳吾妻鏡』(学生が読み方を学ぶには最適本!、庵さん、よく買いましたね、もしかしたら史学科だったかな)、そして『現代語訳吾妻鏡』(まさにお手軽本!)の3種が揃い、誰もが楽に『吾妻鏡』に親しめるようになりましたね。

ただ1冊2200円は、ちょっと高いかな(しかも16巻!)



まこべえ、現代語訳なので、最初の解説文だけを立ち読みしてやめようと思いましたが、注釈が参考になるかなと思い、購入しました(まだ読んでいなかったので、いま簡単に眼を通しました)

欲を言えばもう少し詳しい注釈をつけて欲しかったかな。

番号も、年次ごとの通し番号のほうが見つけやすかったですね。

なお、土肥のルビは「どひ」とありますが、当時の史料によると「とひ」と濁らずに発音したようです。



ところで、歌舞伎町のホストの頼朝って、誰ですか。

Re:本が私のレベルまで(01/09)

こんばんは。

また難しい本をお読みで〜

私なんか恥ずかしくて言えませんが・・・

最近読んだ本と聞かれると旅行のガイドブックしかないかも。。。

Re:本が私のレベルまで(01/09)

この類の本は、私よりも連れ合いが、好んで読みますね。

但し、これほど難しいものは読んでいません。 庵ちゃん凄いですね!!。

Re:本が私のレベルまで(01/09)

庵ちゃんは、こういう時代物が好きですからね。

こんな本を手にしたら、もう世界はその時代なのよね。年末年始、現代の世と離れて没頭していた訳がわかりました。

Re[1]:本が私のレベルまで(01/09)

侍大将まこべえさんこんばんは。コメントありがとうございます。



>庵さん、こんばんは。



>昨日書込みをしたあと、そうだ庵さんは源平合戦に興味があったから、もしかしたら『吾妻鏡』かな、と思い直しましたが、やっぱりこちらでしたか。



>ついに現代語訳の『吾妻鏡』まで登場したとは、驚きですね。

>編者の五味先生には、大学院時代に教わりました(まだ髪の毛が黒々としていました)。



>これで国史大系版『吾妻鏡』(中世史の基本史料!)・『全訳吾妻鏡』(学生が読み方を学ぶには最適本!、庵さん、よく買いましたね、もしかしたら史学科だったかな)、そして『現代語訳吾妻鏡』(まさにお手軽本!)の3種が揃い、誰もが楽に『吾妻鏡』に親しめるようになりましたね。

>ただ1冊2200円は、ちょっと高いかな(しかも16巻!)



>まこべえ、現代語訳なので、最初の解説文だけを立ち読みしてやめようと思いましたが、注釈が参考になるかなと思い、購入しました(まだ読んでいなかったので、いま簡単に眼を通しました)

>欲を言えばもう少し詳しい注釈をつけて欲しかったかな。

>番号も、年次ごとの通し番号のほうが見つけやすかったですね。

>なお、土肥のルビは「どひ」とありますが、当時の史料によると「とひ」と濁らずに発音したようです。



>ところで、歌舞伎町のホストの頼朝って、誰ですか。



 まず歌舞伎町の件ですが、「サンデージャポン」という日曜朝10時からの爆笑問題やテリー伊藤さんの番組に準レギュラー的に出てきますが、元はナンバーワンホストで、今は「竜宮城」というホストクラブの社長さんです。



 確かに史学で学びましたが、児童教育です。 選択科目だったのですが先生が熱心な方でした。 ゼミもいろんな学科の人が居られましたよ。

 やはり現代語訳は、吾妻鏡に興味のある一般人を引き寄せる力はありそうです。

 たいへんありがたい1冊ですが高いです!

Re[1]:本が私のレベルまで(01/09)

Tokoの夢さん、こんばんは。コメントありがとうございます。



>こんばんは。

>また難しい本をお読みで〜

>私なんか恥ずかしくて言えませんが・・・

>最近読んだ本と聞かれると旅行のガイドブックしかないかも。。。



 勿論私も遠征ウォークが近くなると、古臭いガイドブックやネットサーフィンで情報を集めます。



 この本だけは、学生時代から関わってきているので、「更に解りやすい本」が出るとやはり手が出ます。

Re[1]:本が私のレベルまで(01/09)

落田楽多さん、こんばんは。コメントありがとうございます。



>この類の本は、私よりも連れ合いが、好んで読みますね。

>但し、これほど難しいものは読んでいません。 庵ちゃん凄いですね!!。



 昔取った杵柄といいましょうか・・

 吾妻鏡を更に解りやすくするような本が出たら手が出てしまいますが、1冊2200円は高いです!



 奥さんも時代物の小説等がお好きでしたね。 

Re[1]:本が私のレベルまで(01/09)

リエさん0037さん、こんばんは。コメントありがとうございます。



>庵ちゃんは、こういう時代物が好きですからね。

>こんな本を手にしたら、もう世界はその時代なのよね。年末年始、現代の世と離れて没頭していた訳がわかりました。



 そうなんですね・・

 コタツの番をしておりました。 しかし見つけてきたのは庵タロさんだったのですがね。



 「吾妻鏡」と聞いただけで・・ かなり遅れていますが買いに走りました。

プロフィール

瑞陽庵

Author:瑞陽庵
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア