FC2ブログ

マリーアントワネットはフランスの女王なのですから

 こんばんは。  雨が降りそうで降らないのは、蒸して不快ですね。
 ただいま兵庫県立美術館は、なかなかいい催しを2つ同時開催しています。

 公共の場は土日は混雑するので、ゆっくり見るなら平日に限りますね。
 ‥という事で木曜日、「マリーアントワネット物語展」に行ってきました。

          ベルサイユのばら マリーアントワネット画
            べルサイユのばら マリーアントワネット画 posted by (C)瑞陽庵


 ちなみにもう一方は、ルノワールの関係の分で大盛況でございます。 (こっちに行くのが普通だろう!

 マリーアントワネット物語展の一部が撮影OKなので、そこの部分は撮ってきています。
 上の画像もその中の一部です。

 これまた数日前の地方版新聞記事に、この催しのことが載りまして、そこには「ドレス・コード特典」<ロココといえばリボン>ということで、リボンをつけて来場すると、オリジナル缶バッジがプレゼントされるのを知りました。
 新聞には、リボンのついた服を着た人やバッグにリボンをつけた人が載っていました。
 ん? 庵ちゃんもバッグにリボンの付いたのなら、必要以上にデカイのがあることはあるぞ! と、持って行きましたよ。

          チケットとオリジナル缶バッジ
            チケットとオリジナル缶バッジ posted by (C)瑞陽庵

 は~い! ゲットいたしました。 真後ろのおばさま2人組は、何故庵ちゃんにだけ缶バッジをくれたのか意味をわかっていませんでした。 「知っていたらリボンをつけてくるのに・・」と、ちょっと残念そうでした・・

 マリーアントワネットの生涯を肖像画や宝石、所蔵物などで紹介されていきます。
 生まれながらの女王さまですから、派手好き、浪費家だったのでしょうか・・

          フランス風ドレス
            フランス風ドレス posted by (C)瑞陽庵

 裾がボワッと広がった夢見る夢子ちゃん風のドレスは宮廷衣装だったようです。
 こんなドレスが数千着・・ そりゃ、国の財政が逼迫しますよね。
 あ、ブログをご覧の奥様方はご自分の結婚式の披露宴のお色直しで、上の画像のようなドレスを着て出ませんでしたか?

 他にもいろんなタイプのドレスが飾られて写真はOKなので撮ってきましたよ。 でもこれが1番豪華でした・・
 もう1つ、この頃の髪型ですが、「ポンパドール」が流行っていたようです。(前髪を逆立てて団子を作る)
 そのポンパドールの後ろに、とてつもない飾り物を乗せて・・ とにかく凄い盛り方をして、こんなのでダンスしたら、慢性肩こり&首こりになるだろうというド派手な頭が宮廷では「良し!」とされていたようです。 そのようなカツラが飾ってあって、係りのお姉さんに言えば、被せてもらって写真を撮ることもできます。 へへへ・・ 勿論、嬉しがり庵ちゃんも撮って頂きましたよ。 重たかったので、少々怒った顔で写っていました。

 そう思うと、宝塚歌劇では「困ったときのベルばら」・・ アントワネットはその組のトップ娘役さんが担う役ですが、そのカツラも重いのだろうなぁと思いました。

          

 じぇじぇじぇ! 1974年のベルばらの動画があった! これこそ初演でございます。
 カンちゃんのアントワネットはバツグンの声量と貫禄で見事でしたにゃぁ・・
 このアントワネット役のカンちゃんのセリフに「マリーアントワネットはフランスの女王なのですから」というのがあり、これがまた高貴でして・・ いやいや懐かしいわぁ

 ルノワールよりアントワネットを選んだ庵ちゃんに、「なんでやねん!」と思われた皆様!(庵タロさん含む) やはりマリーアントワネットは魅力的です。 1300円払って見に行った甲斐がありました。  


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

瑞陽庵

Author:瑞陽庵
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア