FC2ブログ

修学旅行生に混じる

 台風も1つ通り過ぎ、また明日から下り坂だそうだが皆さんのご近所は被害などなかったでしょうか? 庵ちゃんのところは、台風がほんの少し東に逸れてくれて直接大きな影響はありませんでしたが同県でも東播のほうは避難勧告も出ていました。 もう1つやってくる台風にも気をつけたいですね。

 もう1つ、こう雨が降るとみんな暇でなかなかパソコンが空きません。 コメントをつけに行きたいのですが思うようにいきません・・ 明日はぜひ行きたいと思います。

 只今「人と防災未来センター」では『六甲山の災害展』という実験装置を使った展示会を子供たちにもわかりやすい形で見せていただけます。(24日まで)
 このセンターは小中学生の社会見学(遠足)の一環や全国の修学旅行で神戸を訪れる子供たちに地震や災害の怖さや、これからそういったものをどう乗り越えていくかなどを見て体験して考えてもらうような施設になっています。 庵ちゃんは実験装置に興味があったので行ってみました。

 すると、庵ちゃんの後ろから小学生が・・ 見ると「広島県尾道市立○○○小学校6年」とリュックのタグに書いてありました。(よう、きんさったね) 修学旅行でやってきたそうです。 この辺りの小学生は逆に広島市などが修学旅行地のようです。
 庵ちゃんの頃は小学校は「お伊勢さん」と決まっていたけどにゃぁ・・ とか言いつつ、庵ちゃん達の年だけ兵庫県の北部(兎和野高原)にキャンプでした・・ 中学もそれまでは「木曽」でしたが庵ちゃん達の年だけ「萩・秋吉台・秋芳洞」でした・・

  みなさんは、その頃何処にいて、どんなところに修学旅行に行ったのかにゃぁ・・

 あ、実験装置ですが、「降雨体験装置」というのがあり、人形が傘を差しています。

        IMG_5040
          降雨体験10mm/h posted by (C)瑞陽庵

 むむ? 何よりも、何故この人形達の傘は「ヤクルトスワローズ」の東京音戸を歌い踊るときの傘を差しているのだろう 説明のお姉さんがあわてて傘の上にカエルさんを置きました。
 これが10mm/hの雨で、普通に降りだした雨ですにゃぁ・・ 話し声も聞こえるし道に水溜りができる程度ね。

        IMG_5041
          降雨体験30mm/h posted by (C)瑞陽庵

 カエルさんが少し雨脚が速くなったのでずれて来ました・・ 頑張れ!
 傘の中のお人形はかろうじてぬれていませんが、話し声が聞こえないし雷も鳴り始めます。 急な夕立とか少し白く靄がかかり始めるのが30mm/hくらいの雨です。

        IMG_5042
          降雨体験100mm/h posted by (C)瑞陽庵

 傘はまったく役に立たない、カエルさんは耐え切れず傘からフェイドアウトしてますにゃぁ・・ 浸水箇所ができるような雨で足をとられるようなこともある。 白い靄に包まれる。 こうなると、外にいること自体危険である。

 という解説付きだ。 長くなってすみませんがもう1つ、土石流実験装置を子供たちと見ることに・・
 六甲の山で土石流が起こったとしよう。 そのときダムありとダムなしでは下流の人が多く住んでいる地域がどのくらい災害に違いがあるのか・・ というのを見せるのだ。
 ちなみに同じ速度、同じ容量の土砂が流れてくることになっています。

 では整備されたダムが数ヶ所ある場合は・・

          IMG_5046
            土石流実験ダムあり posted by (C)瑞陽庵

 土石流がダムに引っかかって止まっていますね、下流では・・

          IMG_5047
            土石流実験ダムありの下流 posted by (C)瑞陽庵

 少しは下まで流れてきますが家も車も橋もあまり影響を受けていませんね。
 これがダムのないところを落ちてくると・・

          IMG_5044
            土石流実験ダムなし posted by (C)瑞陽庵

 わぁわぁわぁ・・ 土石流が落ちてくるのがメッチャ早い! 加速度がつくからいろんなところに石など飛び散ったりしています。 下流は言わずとも・・

        IMG_5045
          土石流実験ダムなしの下流 posted by (C)瑞陽庵

 あらら・・ 派手に家や車が押し流されています。 しかも川にも道にも土石流が流れ込んで・・ 斜度のきつい山ほどこのようになるということを説明していましたが、子供たちはわかったのかにゃぁ・・
 質問はありませんか? と聞かれていたが誰も手をあげなかったにゃぁ・・ 仕方がないのでおじさんは、昨日の台風があってすぐなので、子供たちが尾道からやってきたこともあり、海にも山にも近いのだからまずは安全な丈夫な屋内に逃げるようにと付け加えて終わった。

 庵ちゃんの感想文: ん~~・・ ダム無しは凄い威力で石が落ちてきた。 必要なダムは予算がついたら何年も放置せずチャッチャと作って役立てて欲しいと思いました。  


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。
『人気サイトランキング』と申します。
ご訪問いただければ幸いです。
プロフィール

瑞陽庵

Author:瑞陽庵
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア