FC2ブログ

狭所恐怖症だから

 庵ちゃんはある意味狭いところが大嫌いだ。 だから『狭所恐怖症』と書いたのだが・・

 皆さんは最近美容院に行ってヘアスタイルなど春らしくされたでしょうか? 男性方も最近は理容店から美容室に替わられている人が増えているそうですけれど・・

 数日前の新聞にP社が新しく『洗髪ロボット』を開発したそうだ。 詳しい話は動画でどうぞ。

          

 今に始まったことではありません。 もう既に自動洗髪機を導入している美容院はいくらでもあります。 それはきまって値段高めでロング料金ありとか指名制のデザイナーで、技量に合わせて値段が違うとかいう付加価値付きのお店が多いように思います。
そんな美容室に行ってますか?
 庵ちゃんは1回だけあります。 爆発頭を矯正するため(中身まで矯正できないところが残念です・・)高いお金を出した覚えがあり、そこが自動洗髪機を使っていました。

 最初に言いましたがある意味狭所恐怖症の庵ちゃん、まず仰向けにシャンプー代に寝かされるといきなり耳栓みたいなのをされ、でこぴー(額)にナイロンのついた水よけを被され、それだけでも何が始まるのか・・と息苦しいのに「少しこそばゆいかもしれませんがじっとしててくださいね」と言うと頭の上部からウィ~~ンと透明なフタを首のほうに閉じられ、その場を去っていく美容師さん・・ うっへ~~! ・・状態です。 身動きできません。 あ、フタにはいくつか穴が開いていたと思います。 息ができるようにでしょうか?(殺す気かっ!
 5分くらいのことが30分近くかかっている様に思われました。 確かに自動洗髪というのはマッサージの揉み球みたいなものとシャワーの水流で洗い流します。 シャンプーやリンス・コンディショナーも、どこからかノズルでピューピューかけられるのです。
 普段ハンドシャンプーで「かゆい所、洗い足りないところはありませんか?」と聞きますよね、それ、一切ありません。(人間ではなく、とてもドライでクールな代物です)
 かゆいやこそばゆければ自分で「キャー」とか「ヒャー」とか叫びつつゴソゴソ動く以外ないのです。 しかし動きすぎると耳栓やでこぴーの水よけは意味を失います。
 ・・結果、エライ目に遭いました・・ それ以降、新しいお店に行くときはハンドかマシーンかを先に聞くことにしています。

 いくら新しく改良して少しは息がしやすくなり、P社の製品だとしても(庵ママはP社の信者だ)これは恐怖以外の何者でもないと、動画を見ながら庵ちゃんは美容師界が一致してこれを採用しないよう、個人の洗髪技術向上のためにも節に願っているのだ。 そして恐怖に青ざめてもいる・・  


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

瑞陽庵

Author:瑞陽庵
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア