FC2ブログ

持病の起因

 ?庵ちゃんの持病の「首こり」?ですが、決してパソコン?を長時間するだけが悪いのではなく、原因は「読書」Ρのほうにあるのではないかと思うとコメントのお返事に書きました。
 どちらにしても眼精疲労はあります。 それが原因の1つであるのは認めるところですが起因は何かといいますと、絶対コヤツだと思います。

          IMG_3045
            持病の起因 posted by (C)瑞陽庵

 いやいや・・ 清志郎ではなくてNG清志郎の持っているこの本。
 『双調平家物語』と言って全16巻あるのです。 これはふつうの平家物語ではなく、聖徳太子の頃から源氏が天下を取るまでのいろんな人の栄枯盛衰が時系列で書かれています。 庵ちゃんにとって「ど・ストライク!」aの読み物なのです。 これは文庫本ですが図書館で借りていた頃はハード本。
 いつもなら3枚ほどぺらっとめくるとすぐに寝ちゃう?..のですが、2〜15巻は1巻ごと2日で読み上げる入れ込みよう。 ・・そりゃ眼精疲労にもなります。a
 それを正しい姿勢で読んでいればさほどでもないものを、寒いのでコタツの中で寝そべって仰向けで読んでいるので腕・肩は突っ張った(緊張)状態で数時間。 ですから読み終えた頃にはガチガチです。 それを14巻分続けるのだからそりゃ首も悲鳴を上げますよ。a?
 そして、決まってこの本を読んでいるときに起こっている事も事実です。? でもにゃぁ・・ 何もない暇なときはこれが1番楽しいのだけどにゃぁ・・

 では「首こり」にならないように気晴らしに大阪に出かけました。 もちろん日本最大級の売り場面積を誇る大阪梅田の新名所を見にです。

          IMG_3038
            チャスカ茶屋町 posted by (C)瑞陽庵

 『チャスカ茶屋町』とは、日本最大級の売り場面積を誇る丸善とジュンク堂のジョイント書店さんです。 このビルの地下1階から7階までが書店です。 ないものはないのでは・・ と思う品揃え。 1階の出入口前に総合レジがあります。
 斬新・鋭角なコンクリートうちっぱなしのビルの設計は安藤忠雄さんによるものです。

 ・・また大きな書架の前で「おっ! これは!」とタイトルを見ていると、読みたいにゃぁ・・という本が次々現れ、せっかくの記念に1冊買ってきました。??
 このぶんじゃ、いつ「首こり」から解消されるでしょうねぇ・・ 次はここチャスカの2つ西隣のビルにある仮設神社に潜入します。 ??? ---


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:持病の起因(02/22)

一気に読みたい気持ちはわかりますが、

それができる人はすごい。

まあ、眼精疲労くらいで済むのですからよしと

した方が良いのでは?(^^;)

Re:持病の起因(02/22)

文庫本って確かに文字も小さくて

結構おなじ姿勢で読んでいることが多いので

肩こりや眼精疲労の原因ってのも頷けます(--)))ウンウン!



一気に読み上げたいというか次が気になって

ついつい読んじゃいますもんね



まあ、楽しみの一つだし酷くならないように気をつければ

いいんじゃないでしょうかね〜(^^)

Re:持病の起因(02/22)

本は目疲れますね><

もう読めません・・

でも本はいつまでたっても読んだほうがいいようですね。

ジュンク堂 図書館のように椅子があって、そこで本読んでもいいんですよね。

近いけどまだ行ってません・



☆0k!

いつも感謝です。

今日は忙しかったなぁ テモ

Re:持病の起因(02/22)

私も仕事上 肩こりと言うより、首こりが酷いのだす。

私の場合、もう治ることもないのでしょう。 たぶん。。(*´Д`*)

本にハマり過ぎないよう、ご注意を!

なんなら、朗読で聞かせてくれる機械でも開発しよっか?(^^;

こんにちは

肩こりは、本当に辛いですよね。

でも、読書ってやっぱり目から肩へって感じもあるかもしれません。最近、めっきり本を読まなくなったアクア…よく考えると研修中は、凄い肩こりでした。普段読まないものを読むということもあるけど、本は確かに肩に来ると実感しましたよ。アクアより

Re:持病の起因(02/22)

雑誌しか読む事のない自分には有りえないかな・・・。

いや、肩こりは結構きてるなぁ・・・。

Re[1]:持病の起因(02/22)

横浜のおにいちゃんさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>一気に読みたい気持ちはわかりますが、

>それができる人はすごい。

>まあ、眼精疲労くらいで済むのですからよしと

>した方が良いのでは?(^^;)



 他にそういう病気に罹りそうなのでしょう?

 これ以上は勘弁して欲しいにゃぁ・・

Re[1]:持病の起因(02/22)

かもっち5188さん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>文庫本って確かに文字も小さくて

>結構おなじ姿勢で読んでいることが多いので

>肩こりや眼精疲労の原因ってのも頷けます(--)))ウンウン!



>一気に読み上げたいというか次が気になって

>ついつい読んじゃいますもんね



>まあ、楽しみの一つだし酷くならないように気をつければ

>いいんじゃないでしょうかね〜(^^)



 文庫本は文字が小さいけれど腕で支える本の重さが違います。 やはりハード本は「箸より重いものを持ったことがない」庵ちゃんにとっては病の起因だったのかもしれません。(笑)

Re[1]:持病の起因(02/22)

あきてもさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>本は目疲れますね><

>もう読めません・・

>でも本はいつまでたっても読んだほうがいいようですね。

>ジュンク堂 図書館のように椅子があって、そこで本読んでもいいんですよね。

>近いけどまだ行ってません・



>☆0k!

>いつも感謝です。

>今日は忙しかったなぁ テモ



 茶屋町はお近くなんですか?

 何か図書館のようなところがあるようですが、私は2階・3階・5階と見てまわったのですが、そのような場所はありませんでした。

 よくある書架の横に一人掛けのイスが数個あるだけでしたがそのイスだってひょっとすると高いところの本を取る踏み台かもしれません。

Re[1]:持病の起因(02/22)

あしたのジョー☆さん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>私も仕事上 肩こりと言うより、首こりが酷いのだす。

>私の場合、もう治ることもないのでしょう。 たぶん。。(*´Д`*)

>本にハマり過ぎないよう、ご注意を!

>なんなら、朗読で聞かせてくれる機械でも開発しよっか?(^^;



 あ、ええにゃぁ・・ 朗読してくれる機械、ぜひ開発して欲しいです。しかも無料で・・

 でもその機械は自分の好きなところから読み直しができるように作ってね。 注文が多い?



 首こり、もう治らないって? そこまで酷くなるようなお仕事をされているのですか? たま〜になるだけでも大変なのにそれが常習化したら・・ コワイ!

Re:こんにちは(02/22)

aqua7778810さん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>肩こりは、本当に辛いですよね。

>でも、読書ってやっぱり目から肩へって感じもあるかもしれません。最近、めっきり本を読まなくなったアクア…よく考えると研修中は、凄い肩こりでした。普段読まないものを読むということもあるけど、本は確かに肩に来ると実感しましたよ。アクアより



 研修中も肩が知らないうちにカチコチになるほど緊張していたのでしょうね。

 そこからは解き放たれたので1つは楽になったようですがまだまだ解決できないことがあるようですね。 ゆっくり話し合ってください。



 迷うようだと別だけど、大きな書店にはアクアさんの悩みに合った参考書みたいなものがあるかもしれませんよ。

Re[1]:持病の起因(02/22)

ちゃげきさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>雑誌しか読む事のない自分には有りえないかな・・・。

>いや、肩こりは結構きてるなぁ・・・。



 雑誌はこのような姿勢で読んでいても重さがないから少し楽かもしれませんが、月刊漫画だとどうだろう?

 ただでさえ忙しいちゃげきさんのことだから、肩こりもあるのではないかと思います。 若さでカバーしているのでは?

Re:持病の起因(02/22)

行きました!行きました!

姉から

「遠くまで来て何故ここで本屋?」って言われましたが本屋好きにはたまりません(笑)

確かにフロア自体は狭いけど8階まるごと本屋は楽しいです(笑)

Re:持病の起因(02/22)

首懲りの原因は此処に有りですか。凝らない様に筋肉を鍛えますか!!。(笑)

私は最近関節痛にならなくなりました。(パソコンに触る時間は変わっていませんが)

Re[1]:持病の起因(02/22)

登歩十歩さん、こんばんは。 コメントありがとうございます。



>首懲りの原因は此処に有りですか。凝らない様に筋肉を鍛えますか!!。(笑)

>私は最近関節痛にならなくなりました。(パソコンに触る時間は変わっていませんが)



 首が太くならなければ鍛えてもいいよ。 と言いたいところですが・・

 パソコンで関節痛? それはまた別の部位の使いすぎかもしれませんよ。 元気が1番です。
プロフィール

瑞陽庵

Author:瑞陽庵
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア